前へ
次へ

大人になったら喪服は持っておくべきか

大人になってから参列することの多くなる傾向のお葬式ですが、一般的にはお葬式に参列する時は喪服を着用し

more

昔は黒色ではなかった喪服

葬儀が行われると、たいていは黒い色の服装を着用する事になります。
いわゆる喪服です。

more

アジア地域では白い色の喪服が多い

テレビ番組などを見てみますと、不幸があった人物は白い色の服を着用している事があります。
いわゆ

more

突然の訃報に備えて喪服を購入したい

親戚の人や、近所の人の訃報は突然入るので、20歳以上になったら、喪服を作っておく必要があります。
女性の場合は、黒のワンピースやスーツがお勧めです。
慶事用のブラックフォーマルとは違って、黒の色が濃いのが特徴です。
お肌の露出を避ける必要があるので、スリットが入っていない丈の長めのスカートがお勧めです。
暑い時期はサマー用の洗える喪服などが販売されているので、購入をしておくと便利です。
暑い時期はワンピースは半袖でも良いですが、ジャケットを羽織るようにしましょう。
20代の若い女性は、清楚で上品な印象の商品がお勧めです。
30代、40代以降の年代に比べると、若々しい印象のデザインでも問題ありません。
30代以降の年齢になると、妊娠、出産を経験して体型が変わる時もあります。
40代を過ぎると、大きな体型の変化はないことが多いので、年齢に応じた落ち着いた印象の商品を選ぶと失敗が少ないです。
襟の付いたジャケットも人気がありますが、すっきりした印象のノーカラーのジャケットもお勧めです。

家族葬 福岡市

真心を込めたお別れをご提供
bottle flowerは愛犬・愛猫想いの葬儀をお届けしています

仏壇東京

葬式 新潟

男性の場合は、黒の喪服を着用するのが一般的です。
白のYシャツに黒のジャケットやスラックス、靴下、靴などを着用します。
靴を選ぶ時は、光沢のない商品を選ぶことが大事です。
暑い時期は下に着るYシャツは半袖でも良いですが、黒のネクタイは必ず着用して下さい。
暑い時期でもお肌を露出するのは厳禁なので、ジャケットを羽織っておくことが大事です。
外出をする前に、服や靴などに汚れがないか確認をしておくと安心です。
黒の喪服は専門店で購入する人が多いですが、近くにお店が少ない場合は、インターネット通販の専門店を利用すると便利です。
豊富なサイズが揃っているので、痩せ型の人からふくよかな体型の人まで安心して購入できます。
痩せ型の人とふくよかな人では、似合うデザインが違ってくるので、じっくりと比較することが大事です。
万が一サイズが合わなかった時は、返品交換にも対応をしてくれます。
いざという時に慌てないように、購入をしておく必要があります。

Page Top